竿:
オモリ負荷

  20〜30号位で先からやや胴にぬけるもの
長さ

  2.1〜2.4m位がベスト
リール

  スピニングリールか両軸タイプ
道糸

   PEライン 3〜4号

 


エサのエビは、尾羽を切りそこから針を刺し腹の方にだし針は、出しても良いからエビがまっすぐになるようにつける。

オモリが着底したら1〜2m位道糸をたるませ竿先を水面から動かして道糸をゆっくり張ってゆく、そして竿が水平になった時に道糸が張るようにする。

たるみを張ってくる時に「ククッ」というアタリがくるのですぐに合わせる。