船長と釣人の魚料理レシピ:真鯛とマツタケの酒蒸し風紙包み焼き



真鯛とマツタケの酒蒸し風紙包み焼き
提供:てつ丸
レシピ番号:42

真鯛とマツタケの酒蒸し風紙包み焼き の完成画像
マツタケのような高級食材は 自分で料理して食べるのが安上がり!たまたま真鯛をたくさん釣ったので、一緒に包み焼きにしてみました。写真は 包む直前のものです。

一口メモ(コツ、ポイントなど)

国産マツタケに天然真鯛がベストですが、非常に高価でしかも、簡単に手に入らない野が難点。外国産マツタケと養殖真鯛でも十分雰囲気を味わえます。


材料
マツタケ(他のキノコでもOK)
2分の1本
真鯛の切り身
60g〜100g
豆腐
4分の1丁
出し昆布
10cm程度
ネギ
3切れ
ミツバ
適量
適量
1摘み程度

手順1
出し昆布に日本酒を振りかけ、昆布に日本酒がしみこんで柔らかくなるまで10分程度待ちます。
手順2
真鯛の切り身は 骨を出来る限り取り除き、日本酒と少量の塩で下味を付けておきます。
手順3
正方形にカットしたオーブン用のクッキングペパーの上に、柔らかくなった出し昆布を乗せ、その上に全ての材料を並べて包みます。
手順4
包み方⇒三角に折って合わさった部分から折り曲げて、筒状にします。次に両端を折り曲げてキャンディーのように包みます。
手順5
フライパンで蓋をして最初は 強火で1分30秒、その後、弱火で3分30秒〜4分蒸し焼きにしてください。好みで、ポン酢醤油などをかけて食べてください。




  
 

当サイトの各コンテンツのすべてのデータは著作権法によって保護されており、無断で転用、転載、複製することはできません。リンク等をご希望の方は必ず当社にご連絡下さい。

関東沖釣り情報へのお問合せ

株式会社ネクスト ( 関東沖釣り情報係り )

〒231-0862 横浜市中区山手町 27-5 ベイステージ元町 404
Tel: 045-663-4666